私のワンちゃんにはいつまでも健康なままでいてほしい・・・。

犬を飼っている人には共通して最も大事なお願いごとかもしれません。マルチーズも様々な病気にかかります。ワンちゃんを健康に保つためにも、予防接種はきちんと受けましょう。ちなみに狂犬病の予防接種は法律で義務付けられていますので、決して忘れたりしないように。

大切なワンちゃんを守るため、予防接種はちゃんと一年に一回、受けましょうね。
ちなみに生まれたばかりの犬は生まれてから60日から70日までの間に一回目、90日から100日までには二回目、100日を過ぎた後には三回目のワクチンを接種するのが一般的です。

子犬を購入する際はこうした予防接種についても確認しておきましょう。
またワンちゃんを迎える時には病気についての知識もしっかりつけておいた方がいいと思います。
マルチーズの病気のページで詳しくは紹介しますが、マルチーズには流涙症や膝蓋骨脱臼、低血糖症、皮膚疾患などの病気になりやすいです。

病気になってしまったら動物病院に連れて行くのがベストですが、こうした病気の中には日常生活や飼い主の犬のケアによって防げるものが多くあります。
例えば、流涙症や皮膚疾患は、毛の手入れをしっかりとできるだけ毎日行うことで防げますし、膝蓋骨脱臼も肥満にならないように育てたり、家のフローリングの床にじゅうたんを引くことで防げます。
病気を防ぐ上で病気について知ることはとても大事なこと。
このサイトにも病気についてまとめたページがありますから、チェックしてみてくださいね。
気になる病気の種類・・・こちら
予防接種について・・・こちら

しかし、ワンちゃんが病気になった時はお金がかかって大変・・・と思う方もいるでしょう。
最近は、「ペット保険」というものがあります。
例えばインターネットで展開されている保険がこちら。
参考例:ペット保険の「PS保険」

ペット保険をこれは人間の保険と同じように、ワンちゃんが病気や怪我をした時に保障してくれるものなのです。
事前にこの「ペット保険」に入っておけば、診察費の負担を軽減することができます。ペット保険には様々な種類のものがあり、ものによって保障内容が異なります。

また、保険会社によっては入会するのに年齢制限があるものもあります。ペット保険に入る前には必ず資料を取り寄せて、いくつかの保険会社を見比べてみましょう。
インターネットには保険会社の比較サイトもあるので、それを使って行くのもいいかもしれません。

保険は大事なことなので、安易に決めないように。
自分のワンちゃんにあったものをしっかりと選んであげましょう。