外耳炎の症状

外耳炎は外耳に炎症を起こす病気です。
ワンちゃんの外耳は耳介と外耳道から構成されており、集音機能と、その音がどこから発生しているのかを察知する役割を果たしています。
ワンちゃんの耳が人と異なるのは、外耳道がカギ型に曲がっていることです。
このため耳垢がたまりやすく、外耳炎にかかりやすいのです。

外耳炎は外耳に炎症を起こす病気ですが、その原因はタニや寄生虫、細菌の感染、アレルギーなどです。
このほか耳掃除をしているときに耳道が傷つく、シャンプーが耳に入ってその刺激で外耳炎が発症するケースもあります。

ワンちゃんが外耳炎になると耳が腫れる、イヤな匂いがする耳垢がたまる、かゆがって耳をしきりにかく、頭を振るなどの症状や行動がでます。
ワンちゃんがこのような状態になったら、耳のまわりをそっと優しく触ってみましょう。
痛がったり、触るのを嫌がったりする場合は、すぐに獣医さんに診てもらってください。
また、耳の周囲が赤くなっている、耳垂れのようなベタベタするものがついている場合も、外耳炎が疑われます。
そして耳からヘンな匂いがしないかも確認しましょう。

マルチーズは耳の中も毛が生えているので湿りやすく、外耳炎を発症しやすい犬種の1つです。
十分に注意してあげましょう。

外耳炎の治療法は?

外耳炎の治療では、まず耳をきれいに洗浄します。
そして、外耳炎を発症した原因を取り除きます。

細菌などが原因の場合は抗生物質などを投与してやっつけます。
ダニが原因の場合は、ダニを駆除する薬が使われます。
アトピー性皮膚炎が原因の場合は皮膚炎の治療を行うというように、原因によって治療法は異なります。
外耳炎は再発しやすい病気なので、気長に治療を受けると同時に、再発しないよう飼い主が注意してあげましょう。

外耳炎の予防法は?

外耳炎にならないようにするためには、耳を清潔に保ち、耳の中が乾燥した状態にすることです。
シャンプーをしたあとは、コットンで耳のなかに入った水を吸収して、水分が残らないように注意してあげてくださいね。

そして定期的に耳の様子を確認して、耳垢がたまっていないか、耳からイヤな匂いがしないか、耳の周りが赤くなっていないかを調べましょう。

耳を清潔に保つことが大切ですが、耳あかを綿棒で掃除するのはおすすめできません。
耳垢を耳の奥へ押し込んでしまう事がありますし、耳を傷つけてそこから炎症を起こして外耳炎になる事があるからです。
犬専用の耳洗浄液が販売されているので、それを使うと耳を傷つけずにきれいにすることができます。
ワンちゃんの耳のケアの方法については、かかりつけの獣医さんに尋ねると、ていねいに教えてくれるはずです。