膝蓋骨脱臼の症状は?

犬の膝蓋骨脱臼はマルチーズがかかりやすい病気の一つです。
著しい症状が現れないので、飼い主さんが気づかないことが多く、身体検査で発見されるケースが多いので要注意ですよ。

膝蓋骨は膝のお皿のことをいいます。
膝蓋骨は太ももの骨にある滑車溝というくぼみの部分にはさまっており、膝の屈伸を助ける働きをする部位です。
膝蓋骨脱臼とは、膝蓋骨が滑車溝からはずれた状態になることをいいます。

ケガが原因で外れることもありますが、ほとんどが先天的なものや、体が成長して自然に外れてしまった場合に発症します。
滑車溝のくぼみが浅い、お母さんのお腹のなかで骨の形成がうまく行われなかったことなどが原因といわれており、症状が進むと骨が変形してさらに脱臼しやすくなります。

遺伝的要素が強く、小型犬の場合は両足ともに脱臼するケースが多いのが特徴です。

膝蓋骨脱臼はほとんど症状があらわれませんが、スキップをするような歩き方をしたり、ときどき足をあげたりすることがあります。
また重症になると、足が床につかなくなったり、足が動かせなくなることもあります。

膝蓋骨脱臼の重症度は、Singletonの分類によって判断されるのが一般的です。
Singletonの分類は次のようなものです。
グレードIが、膝蓋骨を押すと脱臼するが、普段は異常がない状態。
グレードIIが、膝蓋骨が脱臼したり、治ったりを繰り返してる状態で、軽い骨格変形がみられる状態。
グレードIIIが、膝蓋骨が脱臼しているけれど、手で治せる状態で、骨格が変形しており、うまく歩けない状態。
グレードIVが、膝蓋骨が常に脱臼していて、手で治せない状態。
骨格がひどく変形していて、足を動かせない状態です。

膝蓋骨の治療法

治療は外科手術が行われますが、軽症の場合は手術を行わずに生活や環境を改善したり、痛み止めや膝の軟骨を保護する薬を処方したりして、進行を遅らせる治療が行われることもあります。
生活改善では、太っていると膝関節への負担が大きいのでダイエットをする。
環境改善では滑りやすいフローリング床の場合は絨毯を敷く、階段などを上るのをやめさせるなどです。

手術をする場合は、年齢や症状、飼育環境などさまざまな角度から検討して、慎重に行うことが大切です。
獣医師と相談して、手術のメリットとデメリットを十分に理解することが大切です。
また、ワンちゃんの症状がどのグレードにあるのかを知っておくことも重要です。
グレードIなど軽度の場合は、生活や環境を改善することで、グレードを維持することができるからです。
まずはワンちゃんの膝がどのような状態なのかを、獣医さんにしっかりと診断してもらいましょう。