歯周病の症状は?

人間でも気になるお口の病気、歯周病ですが、もちろんワンちゃんも歯周病になります。
ものを食べると、歯などに食べかすが残り、ここから細菌が繁殖して歯垢ができます。
この歯垢を放っておくと、硬い歯石になって歯にこびりつきます。
そして歯石には歯垢がつきやすく、歯垢→歯石→さらに歯垢がたまる→歯石ができるという悪循環に陥った結果、お口のなかに細菌が増殖して、それによって歯茎などに炎症を起こすのが、歯周病です。
口臭がする、ご飯を食べづらそうにしているなどの症状があれば、歯周病の可能性大です。

最初は歯肉炎というはぐきの炎症だけですが、症状が悪化して歯を支える組織全体が炎症を起こす歯周炎になると、顎の骨が溶けてしまったり、歯茎から細菌が入ってそれが肝臓や腎臓、心臓などの内臓に至ってほかの病気を発症することもあります。

3歳のワンちゃんの80%は歯周病だといわれているほど多い病気で、マルチーズは特に歯周病になりやすいといわれています。
それはマルチーズのように顎が小さい犬は、乳歯が抜けにくく、大人の歯が生えているのに乳歯が抜けない乳歯遺残という症状になりやすいのです。
乳歯が残っているので歯並びが悪くなり、歯磨きがしにくくなって、歯垢がたまりやすいので歯周病を発症しやすくなります。

これに加えて、大型犬は歯と歯の間があいているので、唾液である程度の自浄作用が働いて歯垢をたまるのを防げますが、マルチーズのような小型犬は、体は小さいですが、歯の大きさは他の犬とそれほど変わりません。
つまり小さな口に大きな歯がぎっしり詰まっている状態になります。
このため、唾液による自浄作用があまり期待できないのです。
生後10か月経っても乳歯が残っている場合は、もうその歯が自然に抜けることはありませんから、獣医さんに相談しましょう。

歯周病の治療法は?

治療法は歯周病がどの程度進行しているかによって、異なります。
歯肉炎などの初期症状の場合は、歯垢や歯石を取り除いて、毎日歯磨きをするだけで症状が改善することがあります。
けれど、症状が進行して歯周炎になっている場合は、麻酔をかけて徹底的にお口の中をきれいにします。
歯垢や歯石の除去はもちろんのこと、歯周ポケットの中まできれいにします。
歯周炎になっているワンちゃんは、炎症で痛みがありますし、歯周ポケットの掃除も痛みを伴うために麻酔が必要になります。
さらに症状が進んでいる場合は、歯を抜くこともあります。

歯周病の予防法は?

人間と同じで、食事の後に飼い主さんが歯磨をしてあげることです。
歯磨きの習慣をつけるためにも、赤ちゃんのころから歯磨きをしておきたいですね。
また、定期的に動物病院で歯垢や歯石を取ってもらうのも効果的です。