水頭症の症状は?

水頭症は脳内に脳脊髄液という液体が増え、脳を圧迫する病気です。
脳脊髄液は頭蓋骨から背骨の隙間にかけて循環している液体で、脳を衝撃から守る役割や栄養補給、不要なものを除去する役割を担っています。
脳脊髄液が増加する要因は、主に代謝性のものと閉塞性のものの2つに分けられます。
代謝性のものは脳細胞が破壊されたり、発育が不十分な場合に、脳脊髄液が脳に吸収されずに溜まっていく症状です。

閉塞性のものは、脳脊髄液に異常が起きて循環がうまく出来ず、液が溜まる症状です。

つまり代謝性のものは脳に何らかの異常を来して起こるもので、閉鎖性のものは脳脊髄液に異常がおきて発症するといえますね。

そして水頭症には、生まれつきの先天性のものと、生まれてから発症する後天性のものにも分けられます。
先天性の水頭症は、お母さんのお腹のなかにいるときにウィルスに感染したり、発育が不十分な場合に発症します。
頭が小さな犬種に発症しやすく、マルチーズの頭も小さいので、先天的な水頭症にかかりやすい犬種です。

生まれた後に発症する水頭症の原因には頭のケガ、脳炎、脳腫瘍、髄膜炎、脳内出血などが原因であるケースが一般的です。

水頭症になると記憶障害や、神経系の障害を発症します。
ぼーとしている、よく眠る、トレーニングが覚えられないといった状態になります。
また、突然叫び出す、興奮するといった症状や、視点が定まらない、まっすぐに歩けない、転びやすくなるなどの症状が出ることもあります。
食欲がなくなるワンちゃんもいれば、逆に過食に走るワンちゃんもいますし、元気がなくなります。
症状が悪化すると、痙攣を起こしたり、昏睡状態に陥ったりすることもあり、非常に危険です。
脳の異常は命にかかわりますから、少しでもおかしいなと思ったら、迷わず獣医さんに連れていきましょう。

外面的には、脳に体液がたまっているので、頭が腫れたような状態に見えることもあります。
頭の中央に溝ができて、頭を押すとへこむといった状態になるワンちゃんもいます。

水頭症の治療法は?

治療では内科的な治療と、手術を行う外科的手術が行われますが、どちらも根本的な治療ではありません。

内科的な治療では脳脊髄液を減らして、脳への圧迫をなくすための降圧利尿薬や副腎皮質ホルモン薬などが使われます。

手術では、脳内に溜まった脳脊髄液をお腹に逃がすために脳と腹腔をつなぐ、シャント手術が行われます。
しかし、この手術はリスクが高く、ワンちゃんへの負担も大きくなります。
手術の前にリスクと効果について獣医さんから説明を受け、十分に納得してから行いましょう。

水頭症の予防法は?

水頭症は予防が難しいだけでなく、完治も難しい病気です。
早期発見・治療に努めましょう。