さて、マルチーズとはどういう犬かということについて一通り紹介をしましたが、次はいよいよマルチーズに出会う方法について紹介していきたいと思います。

犬を選ぶというとき、やはりペットショップに行って選ぶと言う人が多いでしょう。

ペットショップに行く際は、即決せずにじっくりとお気に入りの子を選んであげましょう。犬も人間と同じで一匹一匹違うもの。良く吠える子、おとなしい子など様々な性格があります。また、何軒かのペットショップを回ってみるのも良いでしょう。

ペットショップもショップごとに雰囲気や特色が違います。相談に乗ってくれたり、アフターケアがしっかりしている等の特徴も店舗ごとに違うので、自分が信頼できると思ったお店を選んでみましょう。

ペットショップに行くということ以外では、ブリーダーから犬を購入するという方法があります。
ブリーダーとは、犬を育てるのを職業にしていうる人たちのことです。一昔前はブリーダーの人を探すのも一苦労でしたが、インターネットのある今の世の中ではブリーダーの方のホームページを見つけて、そこから連絡を取ることもできるようになりました。

ブリーダーと連絡を取ったなら実際にブリーダーの元へ向かって、彼らが育てているワンちゃんたちを見学させてもらい、それから選ぶと言うのが一般的です。
ペットショップの時と同じで実際に会って見てみないと犬のことはわかりません。ブリーダーは犬に関する様々な相談にも乗ってくれますので、自分の信頼できるブリーダーさんを選びましょう。

その他に、動物愛護団体から引き受けるという方法もあります。動物愛護団体では捨てられた犬などを預かっており、里親を募集していることがあります。
インターネットを使えば動物愛護団体のホームページがいくつもでてくるので、連絡も簡単に送ることができるでしょう。そしてそういった団体を訪ねて、希望のワンちゃんを引き受けることもできるのです。
しかし、ペットショップやブリーダーの元に居た犬とは違い、こうした団体で預かっている犬には前の飼い主に虐待されていたために普通の犬とは違った問題を抱えている犬もいます。
事前に犬の状態をちゃんと確認してから、引き受ける際は責任を持って引き受けることが大切です。

犬と出会う場所をこうしていくつか紹介してきましたが、出会いは一期一会。自分が気に入り、飼うことに決めたワンちゃんとの出会いは大切にしましょう。