価格相場、購入方法

マルチーズは、日本で犬種登録をしている飼育犬の中でも第10位にランクインする人気犬種です。
そのためペットショップでの取扱数も多く、比較的手に入れやすい犬であると言えます。

一般的なペットショップで販売されているマルチーズの価格帯としてはだいたい5万円からでしょう。
しかし中には25万円を超えるような個体もあり、一概にどのくらいあれば購入が可能というわけではないようです。
マルチーズの場合、カラーバリエーションは一色のみとなっていることから、単色のみでここまで価格の差がついてしまうという犬種は他にはまずないと言ってもよいでしょう。

一般的な基準ですが、高値で取引をされているマルチーズにはいくつかの特長があります。
まずマルチーズは愛玩犬であることから、より小さめの個体の方が高値になる傾向です。

それと個人の場合は去勢・避妊をするので関係ないですが、純血種のマルチーズは繁殖させることで大きな価値が出ることから、メスの方が高値になっていることがよくあります。
さらに毛色や毛質などがバリエーションとしてない犬種ならではのこととして、父親もしくは母親のマルチーズが品評会で優秀な賞を受賞していたりすると、その子犬の価格も一気に高く跳ね上がります。

マルチーズ自体は繁殖力が低い犬というわけではありませんが、一度の出産でたくさん生まれた場合は価格が下がりますし、そうでない場合は上がります。

購入をするときに見るべきポイント

マルチーズは完全に愛玩動物として飼育をされてきたということもあり、いかに美しく、血筋よく生まれれてきたかということにより取引価格が変動します。

ただ注意してもらいたいのが、価格が高いマルチーズだから健康状態がよく利口な犬であるというわけではないということです。

特に高額取引をされているのは品評会でトップを取ったようなオス犬とメス犬を交配させた個体ですが、そうしした子犬はブリーダーによって何度も何度も妊娠出産を強要されていることも多くあります。
そのため見た目は美しい被毛をしているように見えても、極端に虚弱体質であったり先天的に何らかの疾患を持っていたりということもあるのです。

生まれたばかりの子犬の時点でそうした病気の有無を判断することは難しいので、ある意味ブリーダーやショップもそうしたリスクを承知で高額で販売していることもあります。
業者を疑っても仕方がありませんが、マルチーズを購入する時には「高ければそれだけ飼いやすい」というような考え方は捨てて置いた方がよいでしょう。

可能ならば実際にペットショップやブリーダーのところを訪問し、その子犬が健康で丈夫な体質をしているか確認をしておくことをお勧めします。