さて、今まで主なお手入れの方法を紹介してきましたが、ここではさらなるお手入れの方法や、ともすれば忘れがちな、お手入れについてご紹介していきたいと思います。

まず一つは爪の手入れ。

人間と同じでワンちゃんも爪が伸びすぎると歩き辛そうにします。時には爪が肉球に食い込み、肉球を傷つけてしまうことも。
こうした事態を防ぐためにも爪はちゃんと定期的に切ってあげましょう。また、みなさんはワンちゃんの爪を切る時にどうしているでしょうか。私たち人間の爪を切る時と同じく思い切り切ってしまっているでしょうか。
実は、ワンちゃんの爪は人間の爪と違って、爪の途中まで血管や神経が通っているのです。そのため、爪は一気に切ろうとはせず、先の方から少しずつ切っていって、ワンちゃんが痛そうにしていないか、出血が無いかを確認して切っていってあげましょう。かつて我が家のマルチーズも父親が深爪をしてしまったせいで足から出血してしまい、トラブルになったことがあります。焦らず、ゆっくりと切っていってあげてくださいね。

これまでご紹介してきたお手入れに加えて、犬を飼ううえで重要なのが肛門腺絞り。
肛門腺とは、肛門の近くから排出される非常に臭い分泌液のことです。マルチーズの話からは少し逸れますが、スカンクは敵に襲われたときに臭いおならをして敵を怯ませますよね?この時にスカンクが使っているのが肛門腺です。同じような機能が犬にもあります。
犬の中でも大きな犬は、排泄をする時にこの肛門腺を一緒に出してしまうので問題が無いのですが、マルチーズのような小型犬や中型犬はこうした力を持っていないので、人間側でこの肛門腺を絞り出してあげる必要があります。これが肛門腺絞りなのです。肛門腺を放っておくと炎症を起こしたり、さらには破裂してしまうことがあるとか。
ワンちゃんの手入れの時には汚いなんて思わずにお尻のチェックもしてあげましょう。飼い主としての最低限の義務です。

方法は、まずワンちゃんの尾を持ち上げて、指で肛門の両サイドの少し下を押さえ、そこから上へ押し上げるようにします。匂いが強いので、ティッシュなどを使って押さえてあげるといいでしょう。上手くいけば肛門腺が出てきます。この肛門腺絞り、慣れていない人には中々難しいものです。

私がマルチーズを飼っていた時も、一度も上手くできたことはありませんでした。慣れていないのに何度も肛門腺絞りをしようとしていると、ワンちゃんも嫌がってしまいます。初めのうちはトリミングなどに行くついでに専門の人にやってもらうのがいいかもしれません。徐々に、自分でもできるようにしていけたらいいですね。