わんころ日誌

何代にもわたる愛犬との暮らし

「わんころ日誌」は管理人である「pyon-pyoko」さんとかつて一緒に暮らした犬と、今一緒に暮らしている犬との生活を伝えるブログです。

現在一緒に暮らしている犬はヨークシャーテリアのみゅうとくぅの二匹です。

マルチーズのマルは2016年にはいってすぐに旅立ってしまったようで、その時のお別れの様子もかなり丁寧にブログの中では記載されています。

残されたみゅうとくぅも動かなくなったマルの近くでお別れをしているようで、記事を見ているだけでもとても悲しい気分になってしまいます。

それまでも何度か愛犬を亡くした経験のある管理人さんのようなのですが、マルは17歳まで生きた長生きの犬でしたのでしばらくはかなりマルロスの状態に苦しんでおられたようです。

ここまで愛してもらえたマルはとっても幸せだったんだろうなと思ったりもします。

時々思い出して泣いてしまう気持ちが伝わります

マルという存在が管理人さんにとってとても大きいものだったんだろうなということがこのブログを読むととてもよく伝わってきます。

他の犬を見てかつてのマルのことを思い出して泣いてしまうというような感覚は、おそらく長年ペットとともに過ごしてきた人であれば誰しも経験をしたことがあるものではないかと思います。

現在新しくとてもかわいいペットがいるとしても、それは絶対にかつていたペットの代わりではなくて大好きな家族の一員であるという存在感は生涯変わることはありません。

そんな愛情がいっぱいに伝わってくるとてもよいブログだと思います。

Sorry, comments are closed for this post.