どんなご飯をあげたらいいの?

“ワンちゃんを飼うときに、食事をどうしてあげたらいいんだろう、と悩む人も多いでしょう。マルチーズを飼うだけでなく、「犬」を飼う上で食べ物に関する必要な情報をまとめていきたいと思います。ワンちゃんの食事はドッグフードという方がほとんどでしょう。ドッグフードにもピンからキリまで、様々な種類のものがあります。ワンちゃんに合わせて選んであげましょう。ドッグフードは栄養価のバランスをしっかりと考えて作ってあるので、安心してワンちゃんに与えることができます。ちなみに人間は食事の上で、タンパク質、炭水化物、脂肪の三大栄養素、他にビタミンやミネラルが重要とされていますが、実はこれはワンちゃんも同じ。だからといって人間と同じご飯を食べていいということではありませんが・・・。このことについては後程説明いたします。
ドッグフードにはいくつかのタイプがあり、カリカリした固い触感のドライタイプ、少し湿り気のあるモイストタイプ、そしてレトルトのようにドロドロとしたウェットタイプがあります。このあたりも自身のワンちゃんに合わせて選んでいけばいいのですが、ひとつ気を付けなければならないことがあります。それは、柔らかいものばかり与え過ぎないということ。人間も近年は食べる食品が柔らかいものばかりになってきたせいで、顎の力が弱まってきた、という話もありますね。実は、犬も同じなのです。柔らかいものばかり食べさせていると顎の力が弱まってしまい、また歯周病や歯槽膿漏といった歯の病気に繋がることがあります。歯のトラブルを未然に防ぎ、あごを丈夫に保つためにも、できるだけドライタイプのものを使うと良いと思います。マルチーズは口が小さいので、ドライタイプのドッグフードをあげる時には粒の大きさに気をつけてあげてくださいね。小さい粒の方が食べやすいです。ご飯の回数ですが、子犬では3~4回ぐらい、大人の犬では1~2回が一般的です。しかしこのあたりはワンちゃんによって差が大きいので、自分のワンちゃんがどれほどご飯を食べているのかは日ごろからチェックしておくといいですね。
また、先ほど上でも言いましたが、犬に人間と同じ食事を与えるのはあまりいいことではありません。なぜなら人間は食べれても犬の体には悪い食べ物があるからなのです。まずはネギ類。ネギやタマネギは貧血、血尿などの症状を引き起こし、タコやイカといった魚介類は消化不良を起こしてしまうのです。ほかにもおやつにチョコレートをあげるのも厳禁。中毒症状を起こしてしまいます。きちんと、ワンちゃんにあったおいしいご飯を選んであげましょうね。

Sorry, comments are closed for this post.