シャンプーでマルチーズを綺麗に

“マルチーズはお手入れをきちんと行う必要がある犬。毛の美しさを保つためにはブラッシングとシャンプーが欠かせません。ここで一つ、マルチーズのケアに欠かせない「シャンプー」についてご紹介したいと思います。
シャンプーの前にはブラッシングを必ずして、毛玉を取り除いておきましょう。この作業をちゃんとしておかないと、シャンプーの後にワンちゃんの毛を乾かすのに大きな苦労がかかります。まず、シャンプー前の準備として、耳に脱脂綿などを入れて耳栓をしましょう。次はシャンプーをする際の温度の確認を。ぬるめの温度がマルチーズのシャンプーには最適です。温度で言うと35度から37度あたりが良いと言えます。お湯は足やおしりの方から水をかけていって、体、頭というようにしていくと良いそうです。水を怖がるワンちゃんも居るので、状況に応じてタオルやシャンプーハットを使ってあげましょう。我が家のマルチーズもよくシャワーの音にびっくりして風呂場から逃げ出そうとしていました・・・。水をかける際には必ず水を毛の根元まで浸透させてあげましょう。この作業が地味ですが大事なのです。十分に毛の根元を濡らさずにシャンプーで洗ってしまうと、ワンちゃんの皮膚への負担が大きく、皮膚疾患になってしまうこともあるのです。必ず毛の根元まで水で濡らしてあげましょう!ただ水をかけるだけでは無くて、手でワンちゃんの毛を触りながら水をかけていくと良いようです。水で十分に毛を濡らしたら、シャンプー液を背中にかけて伸ばしてあげましょう。もしくは薄めたシャンプー液を全身にかけるという方法を取っても大丈夫です。この際はシャンプー液を3倍ほどに薄めて使いましょう。シャンプー液をかけ終わったらワンちゃんの全身を泡立ててあげましょう。この時、毛を強く泡立てすぎないように。毛玉の原因になってしまいます!汚れが強い足などは丁寧に洗ってあげてくださいね。一通り洗い終わったら、頭から水をかけてシャンプーの泡を落していきます。水をかける順番とは逆が好ましいのですが、犬によっては顔に水をかけられるのが嫌な子もいるので、そのあたりは自分のワンちゃんの様子を見ながら対応してあげましょう。濡れたタオルで拭いてあげるのも一つの方法です。
注ぎ終わったらドライヤーで念入りに乾かしてあげましょう。ドライヤーで乾かしながらブラッシングをするとより効果的!ワンちゃんの毛がサラサラの指通りになります。

このようにシャンプーは犬の手入れの中でも特に大事ですが、慣れない人にとっては一苦労。ペットサロンなどでやってもらうのも一つの手だと言えます。

Sorry, comments are closed for this post.