犬を飼っていると「しつけ」が大変だと感じる人は多いでしょう。
言うことを聞かない犬、良く吠える犬、トイレの場所を覚えない犬・・・。

なかなか言うことを聞いてくれず苦労するしつけに手を焼いてしまうワンちゃんもいますが、実はマルチーズはしつけがしやすいことで有名なのです。

これにはマルチーズの歴史が関係しています。
詳しくはマルチーズの歴史のページでご紹介しますが、彼らは大昔から人間に可愛がられる犬として育てられてきました。
そのため、性格もおおらかで優しく、気性も荒くなくて穏やかです。また飼い主の言うこともよく聞いてくれる、賢い犬なのです。そのためしつけは犬の中ではとてもしやすい方と言え、犬を始めて飼う人にはオススメのワンちゃんとなっています。

しかし、時にはこの賢さが仇となることも。あまり厳しくしつけてばかりいると、見つからないように悪さをすることを覚えてしまうのです。
人間と同じで、見つからなければ怒られることも無い、ということを賢いマルチーズはちゃんと理解してしまうのです。

また「こうすればわがままを聞いてもらえる」ということも覚えてしまいます。
賢さをいい方向ではない方へ発揮してしまうことがあるのです。そして他の犬と同じく、甘やかし過ぎてしまうと言うことを聞かないワガママな犬になってしまいますし、人間よりも自分の方が地位が上だと勘違いしてしまうと、やりたい放題な子に育ってしまうことも。
こうなってしまったら言うことを聞かせるようにするだけでも多大な苦労が掛かります。

ではそれを防ぐためにはどうしたらいいのでしょうか。答えは、日々のしつけをしっかりすること。
しつけは何も「怒る」ということではありません。この点を勘違いしている人はマルチーズのしつけを失敗してしまいます。「できたら褒める」このことが大事です。
して欲しいことがちゃんとできたら、しっかりと褒めてあげましょう。また、家族でマルチーズを飼う時はこうしたルールは家族できちんと共有しておくことも大事です。

かつて私の家でマルチーズを飼っていた時は、家族で「こういう時は褒める」「こういう時はちゃんと叱る」といったしつけのルールを確認していました。
賢いワンちゃんだからこそ、飼い主側もしつけには真剣に取り組むことが大事だと言えます。
子犬の頃からしつけは徹底させていきましょう。

また、マルチーズには「知らない人には懐かない」とい性質があることは特徴を紹介するページで述べたと思いますが、この特徴もしつけによっては軽減することができます。

子犬のうちに様々な人に触れさせてあげると、こうした特徴が軽減されることもあるそうです。