孫夫婦とマルチーズとじいちゃんの日常

○現在はトイプードルを飼っている方の日記
ワンちゃんと生活しながら、おじいちゃんの介護をされているご夫婦の日記。
以前はマルチーズのハナちゃんを飼われていたそうですが、残念ながらハナちゃんは亡くなってしまい、2015年2月4日よりトイプードルのレオちゃんをお迎えされたそうです。
おじいさんも亡くなられたとの報告がありますね…。
ブログには先だったハナちゃんの写真もたくさん掲載されていますが、お顔立ちをみるだけで「ああこの子はご家族の愛を一身に背負ってきたんだな」というのが解ります。
そんなハナちゃんが亡くなってから、新たに迎え入れたレオちゃんは「飼い主さんが一身上の都合で飼うことができなくなってしまったワンちゃん」だそう。
前の飼い主さんにもたくさんの愛情を注いでもらっていたレオちゃんは、今度はこの新しい飼い主さんのもとですくすくと育っています。そんなレオちゃんの日常を少しご紹介しましょう。

○噛みぐせがあるレオちゃん
もともと「噛まない犬」とのことだったレオちゃんですが、なぜか飼い主さんのことは噛んでしまうようで、ブログでも「噛まれた」と報告がありました。
やはり、環境が変わったせいでデリケートになってしまっているのかもしれません。
リードを外そうとしたときに噛まれたそうで、飼い主さんもびっくりしたと書かれていました。
噛み癖は、万が一他の犬や人に噛みつくことがないように、きちんと直していかなければなりません。
飼い主さんもそれは心得ていて、「今のレオをみていく」と仰っています。
こういう時は甘やかしは禁物。ダメなことはダメとはっきり教える必要がありますので、飼い主さんもだいぶ苦労しながら頑張られています。
噛み癖があると、やはり他の人に噛みつくなどトラブルいつながるようなことも出てきます。
飼い主さんも頑張られているのでしょうね。

○ハナちゃんとおじいちゃんの微笑ましい写真がたくさん
飼い主さんご夫婦はおじいちゃんと同居されていたそうなのですが、おじいちゃんと亡きハナちゃんとの写真がたくさん掲載されています。
残念ながらおじいちゃんも亡くなられているそうですが、このおじいちゃんがハナちゃんと触れ合っている様子の優しい雰囲気が伝わります。
お互いが本当に必要としあっているというのがわかる写真ですね。
動物と人間が手をつなぎ、お互いを必要としている光景をみることができます。
こういった写真をみることができるのも、このブログのとてもいいところですね。

Sorry, comments are closed for this post.