ラッピングで毛を美しく保とう

マルチーズの毛を綺麗に保つために必要なことはいくつかありますが、このラッピングもとても大事!ラッピングといっても包むのはプレゼントじゃありませんよ。ワンちゃんの毛なんです。ここではこの「ラッピング」というお手入れについて、ご紹介していきたいと思います。ラッピングですが、通常ワンちゃんの毛が長くなってきた時にするものです。何故かと言うと、毛が長くなると食事をする時、トイレをする時などに毛に汚れがつきやすくなってしまうので、それを防止するためなのです。他にも、切れ毛を防いだり、ワンちゃんが動くときに長い毛が邪魔にならないようにするためなど様々な理由があります。慣れない場合やこうしたお手入れの時間が取れないときはペットサロンを利用するのも手ですが、ワンちゃんとコミュニケーションを取る手段でもあるので自分で実践してみるのも良いでしょう。
ラッピングとは、簡単に言えばワンちゃんの毛を包んでまとめること。毛を一房手に取って、それをラッピングペーパーで巻き、まとめてゴムで止めておくのが一般的です。最低限のお手入れだけでよいという方は、口の周りの毛や肛門周辺の毛をこうしておくだけでも良いそうです。ラッピングペーパーで毛を巻くときには、ちゃんと毛がまっすぐになっていることを確認して巻きましょう。このチェックを怠ると、切れ毛などの毛を痛めるトラブルの原因に繋がります。また、いきなりワンちゃんの全身をラッピングするのはこちらもワンちゃんも大変なので、最初は場所ごとに少しずつラッピングを行っていき、段々と全身にラッピングをしていくと良いと思います。ラッピングをする時は、毛のまとめ方と毛をまとめた後に丸める時の強さに気を付けてください。毛を分ける時は、それがどの部位の毛なのかちゃんとチェックしてから分けるように。関節などを跨いでしまわないように気を付けましょう。関節をまたいで毛をまとめてしまうと、毛が切れてしまうことがあります。それに加えてワンちゃんにとっても歩き辛く負担になってしまいます。他にも顔の毛を体の毛と一緒にラッピングしてしまわないように、ラッピングの際には毛の流れを良く見る癖をつけておくことをおすすめします。ラッピングペーパーで巻いた毛を止めていく時には、強く丸めすぎないように。きつく丸めてしまうとワンちゃんも痛がりますし、何よりせっかく綺麗に整えた毛を痛めてしまうのです。

注意することが多くて大変ですが、これは慣れが必要なお手入れの一つ。いっぱい練習して、ワンちゃんを綺麗にしてあげましょう!

Sorry, comments are closed for this post.