口まわり、耳まわりのお手入れ

“マルチーズの手入れは毛並みを整えることだけではありません。歯の手入れも実は大事なのです。口の中に歯石が出来てしまった場合、人間なら歯医者にかかってすぐに取り除くことができますが、犬の場合はそうはいきません。程度にもよりますが、酷い時には全身麻酔をかけて手術をして、お医者さんに取ってもらわなければならなくなるのです。人間と同じように軽く考えてはいけません。こうした手術はワンちゃんの体や精神にとって大きな負担になってしまうのです。歯石ぐらい・・・と考えず、ちゃんとケアしてあげましょうね。
「歯を磨く」という行為に慣れさせるためには、子犬の時から歯磨きの習慣をつけていくのが一番です。最初は歯ブラシを嫌がったり、歯磨きを嫌がる子もいるかもしれないので、コットンなどの柔らかい素材のもので歯や歯茎を拭いて掃除をしてあげることから始めてみましょう。慣れてきたら歯ブラシに代えていくと良いと思います。歯のケアは私達人間がしていることと同じように、歯や歯茎の状態をチェックし、隙間の汚れも出来る限り取り除いてあげましょう!歯ブラシはできれば子ども用のものを使うと、ワンちゃんも嫌がらず良いかもしれません。何故かと言うと、マルチーズは口が小さい犬だからです。そのため、通常の歯ブラシよりは子ども用の歯ブラシや小型の歯ブラシを使ってあげた方が、よりお手入れがしやすくなるでしょう。
また、歯のトラブルを防ぐためには食べ物の与え方にも気を付けることが大事です。これも人間と同じですね。犬だって歯周病や、歯周病を悪化させて歯槽膿漏になることがあります。食事のバランスにも気を使ってあげてください。柔らかい食事ばかり与えるのもNGです。

同じ顔のトラブルと言えば、耳のトラブルもかなり多いです。マルチーズは耳が垂れている犬。耳が垂れている犬は、耳の中の通気性が悪くなることが多いので、耳の病気にかかる可能性が耳の垂れていない犬より高いのです。外耳炎などは有名ですね。こうした病気は日々のケアで防げるものなので、耳掃除も歯の掃除と同じく定期的に行ってあげてください。コットンや綿棒を使って掃除してあげましょう。耳の中の毛もできれば抜いておくと良いです。一気に抜くとワンちゃんが嫌がってしまうので、少しずつ何日かにわけて行っていくと良いと思います。

口のケア、耳のケアどちらにも言えるのは、ワンちゃんに嫌がられないように優しくケアをしてあげること、そして異常が無いかをちゃんと点検することです。チェックを徹底することで、病気やトラブルを未然に防げるようにしましょう。

Sorry, comments are closed for this post.