マルチーズの目のまわりの手入れ

“マルチーズは目のお手入れも大事。ワンちゃんは人間と違って涙を自分で拭うことができません。そのため、目の周りに涙が溜まったままになってしまうと「涙やけ」と言われる毛の変色をおこしてしまうのです。涙が溜まっていたら、ローションや濡らしたコットンを使って、目の周りを拭きとってあげると良いです。この時も、目のまわりが濡れたままにならないように気を付けてあげるように。目の周りをローションや水で濡らしたままにしておくとそれも変色の原因となってしまいます。薄めたホウ酸水を使うのも効果的!他にも犬用の洗眼水があるので、必要に応じて使ってみるのも良いかもしれませんね。目を拭くときは毛並みにそって一回、次は毛並みと反対の方向に一回、と拭いてあげると汚れが取れやすくなります。
また、涙だけでなく目やにもみつけたら取り除きましょう!目やには無理やり取り除かず、湿ったコットンなどでふやかしてから取り除いてあげるとワンちゃんへの負担も少なくて済みます。目頭をマッサージしてあげるのも効果的です。涙の流れが良くなり、涙がちゃんと鼻涙管に流れるようになります。この鼻涙管という器官ですが、涙を鼻へ流す大事な器官です。この器官が詰まってしまうと、いわゆる「流涙症」という病気になってしまいます。この病気になってしまうと涙が鼻へ流れずに目からあふれてしまい、目の周りの毛の変色を勧めてしまいます。目のケアをする時には病気にも気をつけてあげましょう。
日ごろから目の周辺の毛をチェックしておくのも大事です。マルチーズは顔、つまり目の周りの毛が長いワンちゃんです。こうしたタイプの犬は長くなった毛が目に入って涙を多く出させるだけでなく、時には目に入った毛が角膜を傷つけたり細菌を目に入れてしまったりします。目の周りの毛が伸びてるな、と思ったら、カットをしてあげましょう。ワンちゃんの顔を傷つけないように、先がとがっていないハサミを使ってあげてくださいね。
マルチーズの顔のケアというと目を気にしがちですが、実は口周りも非常に変色しやすい部位なのです。目のまわりのケアはちゃんとしてるけど、気が付いたら口まわりの毛が・・・!!ということもあります。目のまわりを拭いてあげるついでに口のまわりも拭いてあげましょう。口まわりの毛が気になる時は毛をまとめて縛ったり切ったりしてみると良いと思います。目のケアも口のケアも、面倒くさがらずに毎日続けることが、ワンちゃんの美しい毛を保つことに繋がるのです。

Sorry, comments are closed for this post.